妊娠中のクラミジア

妊娠をしてから検診を行うという順番になるのですが、その時に初めてクラミジアのことを調べたをしたという人もたくさんいるのではないかと思います。

なぜ妊娠をした後に調べる必要があるのだろうかと感じることもあるでしょうが、もしもクラミジアになっていたら、生まれてくる子供にも危ない目に合わせてしまうかもしれないからです。

今回はクラミジアにはどんな症状が存在するのかどういった流れで子供が危ない目に合うのかなどを解説していくのでぜひ参考にしてください。

まずクラミジアというのはなってしまっても非常に気が付きにくくなっている感染症です。
自覚することが難しいため自分がなっていると思わずにSEXをしてしまうため、知らず知らずのうちに周りにクラミジアが増えていってしまうのです。

女の人がクラミジアに感染している時に見られる症状は、オリモノが出てしまう、下腹部に痛みを覚えることと、生理時以外に出血が見られるなどがあります。
ですが、どれもクラミジアに感染している時以外にも見られる可能性があるもので、クラミジアになったと思うことは難しいのです。

自分が感染していると知らない人が多く存在しているため、妊娠をした後にクラミジアの検査をするようになっているのです。

この検査を行わずにクラミジアになっていることを知らないままでいると、クラミジアが原因で破水する可能性もあります。
また破水は免れたとしても、子供が生まれる際に子供に感染し、新生児結膜炎や新生児肺炎を起こす危険性が非常に高まります。
新生児結膜炎や新生児肺炎は子供にかける負担がとても大きく、最悪の場合死んでしまうこともあるため、クラミジアを甘く見ないでしっかり検査をするよう気を付けて下さい。

ちなみに病院で行われる検査は女性の場合はオリモノ検査が多くなっているようです。
それ以外では尿検査の場合も存在していますが、基本的にはオリモノ検査だと思っていただいて構いません。

お腹に子供が居る時にクラミジアになっていることが発覚した場合はお腹に子供がいても飲むことが可能な抗生物質を使い治療します。

その時に注意して欲しいことは勝手に薬を飲むことをやめないで、医師が言った通りきちんと飲み続ることです。

お腹に赤ちゃんがいるからあまり飲み続けたくないと思ってしまいがちですが、途中で飲まなくなる方が危険です。

またクラミジアになっていることが判明したら、夫も病院に行って調べてもらうようにしましょう。
多くの場合、夫もクラミジアになっているため、夫婦揃って治すことになるでしょう。