お薬紹介:バルトレックス

バルトレックスとは、ヘルペスの時に処方される薬です。

抗ウィルス薬の一つで、ヘルペスウィルスの増殖を抑える事が出来ます。

症状が悪化してからでも利用はできますが、早期に利用する方がより早く効果が出る事、さらに治療の期間自体も短縮する事が可能です。

吸収率が良い薬なので、1日1回から3回の服用で効果が出てきますが、5日程度飲み続けてもまだ症状が改善されない時は医師に相談するようにしましょう。

ヘルペスだけでなく水ぼうそうにも処方される薬なので、子どもでも服用することは出来ます。

しかし妊娠している時や、腎臓の機能が低下している時などは薬の服用には注意が必要です。
妊娠している時は、バルトレックスを服用する方がメリットがあるという時に処方されます。
また腎臓機能が低下している時は、薬の服用間隔を空けるなどして対応する事になるのです。

バルトレックスは副作用は比較的出にくいタイプの薬ですが、下痢・発疹・頭痛などが起きる事もあります。
またまれに意識障害が起きてしまう事もあるので、車の運転や危険な作業などをする時は注意が必要です。

既に薬を服用している人は、その薬との関係で副作用が強く出てしまう事があります。
気を付けるのは痛風や胃痛、さらに喘息の薬を服用している時です。

万が一アナフィラキシー症や強い吐き気などの重い副作用が出た時は、服用を直ちにやめて病院に行く必要があります。
またすぐに行けない時は医療機関に連絡をして、とりあえずの指示を仰ぐようにしましょう。