お薬紹介:ダイフルカン

腟カンジダが再発してしまいました。

この病気は女性の5人に1人が罹ると言われ、そう珍しい病気ではないそうです。

ストレスや疲労による免疫力の低下で起こりやすくなり、最初に私が発症したときは仕事の忙しさとプライベートの悩みで最悪な状態の時でした。

その際は病院に行ったのですが、治療終了までに3ヵ月以上かかり、何だか大変だったのを覚えています。

なので市販薬を買って試そうかと思いましたが、ドラッグストアには膣に挿入するタイプしか置いておらず、しかも第一類医薬品で店頭の薬剤師に言わないと買えない薬でした。
男性スタッフばかりだったので、気が引けてとてもじゃないけど買えません。
また、挿入するタイプより、口から服用するタイプのほうが続けるのに楽だなと思ったので、インターネットで情報を探していたのです。

そんなとき通販サイトで見つけたのが、ダイフルカン(ジフルカン)でした。
女性用バイアグラなんて異名もあるようですが、カンジダ治療薬として病院でも処方されている薬とあるではありませんか。
それなら安心ですし、1日1回1錠というのも服用しやすそうで助かります。

通販サイトでダイフルカンを探すと、お店によって価格にけっこう開きがあることが分かりました。
一番安いところはレビューが少なく不安だったので、レビューが多くて利用者が多い安心感がある二番目に安かったサイトで購入したのです。

幸い、ダイフルカン(ジフルカン)による副作用らしきものもなく、飲み始めて1週間程度でだいぶ症状が楽になりました。
これなら早期完治も目指せそうです。

カンジダの薬はこちらもどうぞ。