お薬紹介:ジスロマック

クラミジアとは性感染症の一つで、高い感染率を誇っています。

症状としては、男性の場合は軽く排尿時に違和感があるとか、尿道の入り口が少し赤くなる、残尿感がある、透明の膿が出たりするという事です。
しかし症状自体は弱く、それほど気づかない人も少なくありません。ただ自然に症状が消える事もありますが、時には睾丸が腫れてしまったり前立腺炎になったりする事もあり注意が必要です。

とは言っても重症化することは少ないので、違和感を感じた時は必要な処置をしておくようにしましょう。

女性の場合は男性よりもより症状の出方は弱く、殆ど症状を感じる事はありません。

少々おりものの量が増えたりする事もありますが、殆どの人は気づかないほどです。

ただ時には菌によって膀胱炎になったり、子宮内膜症になる事もあるので注意しましょう。

治療の時に良く使われるのがジスロマックです。
抗生物質の一種で、殺菌などの目的で使われる薬となっています。

副作用も出にくい薬なので、インフルエンザとかマイコプラズマなどにも使われる事が多々ある薬です。

ただ体質によってはジスロマックを服用した事でめまいや意識障害などが起きる可能性もあるので、運転や高所作業をする必要がある人は注意しましょう。

ジスロマックは比較的良く効く薬で、頻繁に処方されます。

それほど酷くない症状の場合は3日から4日服用すれば症状はかなり軽くなります。
しかしその時点ではまだ菌はなくなっていないので、菌自体に耐性を付けない為にも指定された日数は服用するようにしましょう。

またアレルギー体質の人は服用できないので、以前この薬を飲んで何らかのトラブルがあった人は医師・薬剤師にしっかりと伝える必要があります。

ジスロマックのジェネリックについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。