クラミジア検査方法

クラミジアは最近感染する人が増えてきていることが問題になっている性感染症の一つになります。
クラミジアになってしまう人は増えているものの治すことが難しいものではないので、なったことに気がつくことが大切です。

ここではクラミジアになっているのかどうかを調べる方法などをご紹介していきます。

この感染症はなってしまっても全然気が付かないことがあります。
女性はオリモノが増加する、出血する、お腹が痛いと感じるなどがありますが、軽いものが多くクラミジアだと疑うことは少ないです。
女性と比べると男性の方が症状が見分けやすく尿を出す時に痛みを感じて気が付くというものになっています。
男性が違和感を覚えた場合は女性にも話して2人で検査をすると良いでしょう。

クラミジアは感染後2日から3日ほど経てば検査が可能になっています。
検査方法は様々あり、血液検査、尿検査、おりもの検査、咽粘膜検査などが病院で可能になっています。

一番多いものが血液検査で、性病だと思わしき場合は使われることが多いです。
尿検査は男性の検査時に使われます。普段行う尿検査と同じもので特別変わった点はありません。
おりもの検査は当然ですが女性のみの検査で膣に綿棒の形をしたものを入れて分泌液を採取し検査します。
咽検査もほとんど同じようなものになります。

病院で検査する場合の費用は10,000円程度になっています。
健康保険が効く場合は3割の負担だけとなるので3,000円程度となり、初めて行く病院の場合は初診料も追加されます。

女性の場合は当日に結果が分かるのですが、男性の場合は1週間程度分かるまでにかかってしまいます。

最近はわざわざ病院に行かなくても家で検査のセットを使えば自分で調べられます。
クラミジアに感染しているのかどうか調べるものは3,000円程度で購入が可能となっており、こちらの方が安くなるという方も多くいると思います。
購入するものによって調べ方は若干変わってきますが、そのセットの説明書を読んで従い、購入した会社に送れば結果を教えてくれるというものになっていることが多いです。

ちなみにクラミジア以外に感染しているか調べることも可能ですが、複数のものを調べる場合はその分料金も高くなってしまいます。

自宅で出来ることと送ってから数日で結果が判明することから通販での購入をおすすめします。

病院は開いている時間にわざわざ行かないといけませんし、医師に診てもらう場合は恥ずかしいことも多いでしょう。
そういったことも考慮すると自宅の方がメリットが多いでしょう。

自宅で検査をおこないたい場合はこちらをご利用ください。


クラミジア検査キットの購入なら|お薬なび